見落としがちなホームページの役割:人材募集・採用の効率アップ

[法人向けのETC専用カード>>]

会社や店舗のホームページを持つ理由として多く思われているのは、新規顧客や新規受注の獲得や集客あたりかと思います。
そのため、「新規顧客を増やさなくても既存顧客で十分だから」「お客はホームページを見るような人たちではないから」など、顧客・受注の獲得や集客が必要のない場合、ホームページは必要ないと思われている方も多いかと思います。

ただ、社員やアルバイトを募集している場合、自社ホームページは間違いなく必要です。
確かに、募集情報を見るのは求人雑誌や求人サイト、新聞広告かもしれませんが、そのあとにその募集元がどういうところかをホームページで確認して情報収集するのです。
ある調査によると、実に9割近くの人が応募前に見たと回答したそうです。
特に、新卒採用の場合、今の若者はほぼ100%ネットが見れる環境があるため、きちんとしたホームページを持っておいた方が良いでしょう。

応募前に自社のイメージを求職者に伝えておくと、採用のミスマッチの確実に確率を減らすことができます。
事前情報がないと、どうしても「仕事のイメージが違う」「こんな環境だとは思わなかった」など、イメージの相違が出やすくなります。
その結果、離職する確率が増えお互いに時間とコストの無駄となってしまうでしょう。

そのためにも、採用を行うことがある会社・店舗の場合、きちんとしたホームページで情報発信を行うことをオススメします。
もちろん、無料ホームページサービスやブログサービスで作ることもできなくはないですが、手づくり感たっぷりのホームページですと、やはり信頼感は低くなってしまうでしょう。
大手のような採用サイトを作る必要はありませんが、自社の事業の説明やスタッフ・職場の雰囲気などを伝えられるページを用意すれば、イメージを伝えることがでえきます。
また、それらのページを作っておくと、採用のためだけではなく、お客様や取引先、融資先などにも使えるアピールの場となります。

あと、情報発信の一つとしてオススメなのは、ブログです。
リアルタイムな情報が発信できますし、より生の雰囲気を伝えることができるでしょう。
ブログもアメブロのような外部のブログサービスでなく、自社ページ内ブログにした方が、SEO効果も出るのでオススメです。

採用活動に効果的なホームページの制作についてはコチラ>>

お問い合わせinquiry

  • ホームページ・ポータルサイト制作、企業支援、デジタルパンフレットの制作代行に関することはお気軽にご相談・お問い合わせください

    TEL:06-6467-6540

    電話受付時間:平日9:30~18:30

  • メールでのお問い合わせは24時間受付OK!(無料)

    メール受付はコチラ

対応エリアbusiness area

大阪府全域(大阪市など)和歌山県紀南地方(新宮市、那智勝浦町など)兵庫県神戸市近辺京都府南部奈良県北部をメインエリアとしておりますが、その他のエリアについても内容によっては対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る