生年月日と現在日から年齢計算をするWordPressショートコード

[法人向けのETC専用カード>>]

WordPressでホームページを作った際、プロフィールページなどで年齢を載せている場合がありますが、単純に数字を入れていると、その人の誕生日が来るたびに毎年修正をする必要があります。
そのような手間を省くためには、生年月日を引数に与えて現在日から年齢を計算するショートコードを作って入れておくと便利です。

まず、「functions.php」に次の関数を追加します。

投稿や固定ページで使う場合は、次のようにショートコードを記述します。
※1983年1月25日生まれの人の例

テーマのテンプレートで使うときは、次のように記述します。

お問い合わせinquiry

  • ホームページ・ポータルサイト制作、企業支援、デジタルパンフレットの制作代行に関することはお気軽にご相談・お問い合わせください

    TEL:06-6467-6540

    電話受付時間:平日9:30~18:30

  • メールでのお問い合わせは24時間受付OK!(無料)

    メール受付はコチラ

対応エリアbusiness area

大阪府全域(大阪市など)和歌山県紀南地方(新宮市、那智勝浦町など)兵庫県神戸市近辺京都府南部奈良県北部をメインエリアとしておりますが、その他のエリアについても内容によっては対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る