DNSルックアップエラーが頻発したときの対処

[法人向けのETC専用カード>>]

ノマドワークという言葉がチラホラと言われるようになっているようですが、私も外出中に時間が空いたときは電源ありのカフェに入って仕事をすることがよくあります。
そのときの装備・環境としては、

  • パソコン(ウルトラブック):東芝Dynabook R631
  • モバイルルータ:Softbank 007Z
  • OS:Windows7
  • ブラウザ:Google Chrome

となっているのですが、ある時期から急にGoogle Chromeでページを見るとDNSルックアップエラーが頻発するようになりました。
ネットでいろいろ調べて対処しましたので、備忘録としてメモしておきます。

Google Chromeの「ネットワーク動作を予測してページの表示速度を向上させる」をオフにする
Google Chromeの右上のスパナアイコンをクリックし、「設定」をクリックして「プライバシー」の「ネットワーク動作を予測してページの表示速度を向上させる」のチェックを外します。

DNSをGoogle Public DNS(「8.8.8.8」と「8.8.8.4」)にする
「コントロールパネル」→「ネットワークと共有センター」を開き、「アクティブなネットワークの表示」のところの「接続:」に表示されているワイヤレスネットワーク接続をクリックします。
すると、「ワイヤレスネットワーク接続の状態」が表示されるので、「プロパティ」をクリックします。
ネットワークタブで「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を選択された状態にして「プロパティ」をクリックします。
次のような状態にして、「OK」をクリックします。
DNS設定画面

本当の正解かはわかりませんが、今のところDNSルックアップエラーが頻発する現象はなくなっています。

お問い合わせinquiry

  • ホームページ・ポータルサイト制作、企業支援、デジタルパンフレットの制作代行に関することはお気軽にご相談・お問い合わせください

    TEL:06-6467-6540

    電話受付時間:平日9:30~18:30

  • メールでのお問い合わせは24時間受付OK!(無料)

    メール受付はコチラ

対応エリアbusiness area

大阪府全域(大阪市など)和歌山県紀南地方(新宮市、那智勝浦町など)兵庫県神戸市近辺京都府南部奈良県北部をメインエリアとしておりますが、その他のエリアについても内容によっては対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る