会社の物品は個人のクレジットカードで買うべし

[法人向けのETC専用カード>>]

表題の話は、一人会社や家族・友人同士で経営している会社のケースとなります。
また、年間の支払金額が数十万程度の場合となります。

起業された方の多くは、法人クレジットカードを作り、物品購入のときにそのカードでの支払いをされていると思います。
確かに、明細が一まとめになるので、経理処理としては楽になりますが、会社+個人のトータルで少しでも得をしようとすると、会社の物品購入は個人のクレジットカードで行い、会計処理としては立て替えての現金払いとするのが良いです

まず、法人カードで購入した場合、例えば5000円の消耗品扱いの物品を購入したときの仕訳は、

借方 / 貸方
消耗品費 5000円 / 未払金 5000円

となります。
もちろん、5000円は損金扱いです。
ただ、購入時に付与されるポイントを使う場合、会社の利益となってしまい、損金になりません。
例えば、コツコツと貯まった10000ポイントで何か購入した場合は、

借方 / 貸方
消耗品費 10000円 / 雑収入 10000円

という仕訳になり、10000円の利益となります。

しかし、個人のクレジットカードで立て替えて支払いをした場合ですが、まず5000円の消耗品扱いの物品を購入したときの仕訳は、

借方 / 貸方
消耗品費 5000円 / 現金 5000円

となりまして、立て替えた個人に対し会社から5000円を渡すことになります。
そして、付与されたポイントですが、個人の収入となり、通常は課税されるほどにはならないでしょう。
楽天で10倍ポイントサービスのときなどに狙い撃ちすれば、よりお得ですよね。

ちょっとセコいやり方ではありますが、少しでも節約して得したい場合は、個人のクレジットカード払いでの立て替えが良いと思います。
もし、利益率5%の会社で10000ポイントが利益ではなくなった場合、50万円の売上を上げることに匹敵しますよね。
しかも、個人としては丸々10000円の収入となるわけで、なかなかバカにならない金額になってくると思います。

ただし、注意点としては、年間で何百万や何千万にもなってくる支払いの場合は、カード会社から個人の換金目的という指摘を受けてカードの利用停止になるケースもあるようですので、その場合は法人カードで支払うようにした方が良いでしょう。

お問い合わせinquiry

  • ホームページ・ポータルサイト制作、企業支援、デジタルパンフレットの制作代行に関することはお気軽にご相談・お問い合わせください

    TEL:06-6467-6540

    電話受付時間:平日9:30~18:30

  • メールでのお問い合わせは24時間受付OK!(無料)

    メール受付はコチラ

対応エリアbusiness area

大阪府全域(大阪市など)和歌山県紀南地方(新宮市、那智勝浦町など)兵庫県神戸市近辺京都府南部奈良県北部をメインエリアとしておりますが、その他のエリアについても内容によっては対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る