会社の設立日は2日以降にするとお得

[法人向けのETC専用カード>>]

会社を設立する際、キリのいい1日にしようと思う方がいるかと思います。
ただ、少しでも節税したい場合は、2日以降にした方がお得です

なぜかと言いますと、決算を行って法人として納税するとき、赤字の場合でも住民税の均等割という税金がかかります。
大阪府に事業所のある資本金等の額が1,000万円以下で従業員数50人以下の法人の場合、法人市民税として5万円法人府民税として2万円を均等割として納税する必要があります。
この住民税の均等割については、1年を通して事業を行った年度では1事業年度を12か月分として計算しますが、1事業年度が12か月未満の場合、1ヶ月未満は切り捨てとなります
つまり、設立日の日付を2日以降とすると初月は1ヶ月未満となるため、初年度の事業年度は11か月となるわけです。
したがって、4月1日設立では法人府民税2万円+法人市民税5万円=7万円のところが、4月2日に設立では法人府民税は2万円×11ヶ月/12ヶ月=18,200円法人市民税は5万円×11ヶ月/12ヶ月=45,800円となり、6000円お得となります。

微々たるものと思われるかもしれませんが、何の苦労もなくできる節税方法ですので、覚えておきましょう。

お問い合わせinquiry

  • ホームページ・ポータルサイト制作、企業支援、デジタルパンフレットの制作代行に関することはお気軽にご相談・お問い合わせください

    TEL:06-6467-6540

    電話受付時間:平日9:30~18:30

  • メールでのお問い合わせは24時間受付OK!(無料)

    メール受付はコチラ

対応エリアbusiness area

大阪府全域(大阪市など)和歌山県紀南地方(新宮市、那智勝浦町など)兵庫県神戸市近辺京都府南部奈良県北部をメインエリアとしておりますが、その他のエリアについても内容によっては対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る