節税のための保険・共済で一番オススメのもの

[法人向けのETC専用カード>>]

起業して利益が出てきますと、節税対策をいろいろと考える必要があります。
手段の一つとして、物品を前倒しで購入するという手はありますが、そこまで必要でもないものまで買ってしまうことになりかねません。
また、自身の給与を増やすと、個人としての税金が多くかかってきます。

そこで、利益圧縮の手段として法人契約の生命保険に加入するということが良く言われますが、それよりも最優先で加入するものとして、 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)をオススメします。

法人契約の生命保険よりオススメする理由ですが、次のとおりです。

  • 全額損金になる(生命保険は通常、掛け金の半額しか損金にならない)
  • 比較的早期に元本割れなしで払い戻すことが可能となる(生命保険の場合、かなり年数が経ってからでないと返戻率が100%に近づかない)
  • 掛け金の金額を変えやすい(生命保険の場合は、返戻率の関係で損が出やすい。倒産防止共済も減額は理由が必要なようですが、支払えるほど利益がないということなら認められると思います)

かなり利益がある場合は、両方とも入って良いと思いますが、年240万円以内の利益圧縮をお考えなら、まずは経営セーフティ共済にだけ加入することをお勧めします。
ただし、いつか掛け金を払い戻すときには、保険同様に益金扱いになってしまいますので(その年の利益が増えて税金がかかる)、そのときの節税方法については、またの機会にお話します。

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)の詳細は、コチラ
http://www.smrj.go.jp/tkyosai/

お問い合わせinquiry

  • ホームページ・ポータルサイト制作、企業支援、デジタルパンフレットの制作代行に関することはお気軽にご相談・お問い合わせください

    TEL:06-6467-6540

    電話受付時間:平日9:30~18:30

  • メールでのお問い合わせは24時間受付OK!(無料)

    メール受付はコチラ

対応エリアbusiness area

大阪府全域(大阪市など)和歌山県紀南地方(新宮市、那智勝浦町など)兵庫県神戸市近辺京都府南部奈良県北部をメインエリアとしておりますが、その他のエリアについても内容によっては対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る